業務案内



会計税務顧問


【業務内容】

  • 月次決算報告における税務・経営に関するご相談とアドバイス
  • システム導入支援(会計、販売・仕入・在庫管理、給与計算)
  • 決算3ヶ月前における業績シミュレーションと節税対策のご提案
  • 各種銀行対応(融資支援、銀行評価改善支援、バンクミーティング対応等)
  • 決算業務、申告書作成業務、年末調整
  • その他、税務に関する手続・届出

【サービスの流れ】
会計帳簿への入力をお客様が行う場合、毎月のサービスの流れは以下の通りとなります。

【当事務所の方針】

当事務所の特徴として月次報告をお客様(経営者)と行った後、月次監査を行っています。
当事務所では毎月月次決算を行い、できる限り早くお客様へ月次報告書を提出する方針としています。
月次決算とは、会社法・税法で求められる決算ではなく、経営管理のために毎月行う決算のことです。
月次決算の目的として、主に以下の2点が挙げられます。

    会社の業績(黒字であるのか、赤字であるのか)と財産の状況(預金残高はどれくらいか、 資金繰りに問題はないか等)を早期に把握し、問題点が発見された場合には即座に改善する。
    予算数値、経営計画数値や前年度月次決算等と比較を行い、達成度や差異の把握、 異常値のチェックを行う。

月次決算の目的からすると、時間と労力をかけて月次決算を厳密に行うのではなく、
早期に提出することを重視して行うべきです。
なぜなら、月次決算書は経営者が経営判断の材料として使う資料であり、
状況の変化が激しい昨今の経済環境においては、経営判断に迅速性が求められるためです。

会計数値は経営に役立ってこそ価値を生み出すものです。
税金計算や数字のチェックだけを行うのではなく、出てきた数字を
お客様の会社経営に生かすことに、会計事務所の価値はあると私達は考えています。


会計税務顧問のお問い合わせはこちら >>>

相続税申告・相続対策


相続とは、人が亡くなったときに、
その人が持っていた財産の権利義務を相続人が受け継ぐことを言います。 

相続が実際に起こる前に、誰にどの財産を相続させるか、財産の価値はいくらなのか、
どのような財産が相続させやすいか、相続税はいくらになるのか等、
事前に対策をとっておくことは、非常に重要です。
また、相続が実際に発生した場合には、遺産分割等、様々な手続きが必要となります。

当事務所では、お客様にとって最良な相続対策をご提案させていただくとともに、
相続発生後の様々な手続きのお手伝いをさせていただきます。


相続税申告・相続対策のお問い合わせはこちら >>>

財務デューデリジェンス


財務デューデリジェンスとは、会社の実態を正確に把握するために
会社の保有する資産、損益、税金などを調査し、投資対象として検討している
資産の金額・ 売上の金額・利益の金額が信頼できるものなのかを調査することをいいます。

財務デューデリジェンスは、金融機関から金融支援を受ける際や、
M&Aの売買価格決定の際に必要となり、
財務の専門家である公認会計士等に依頼することが一般的です。

当事務所の財務デューデリジェンスでは、大手監査法人で実績を積んだ公認会計士が担当し、
高品質な調査をリーズナブルな価格でサービスを提供します。
特に予算に制約のある中小企業の再生時やM&Aの財務デューデリジェンスでは、
調査範囲を必要な範囲に限定し、カスタマイズしたパッケージでのサービス提供も可能です。


財務デューデリジェンスのお問い合わせはこちら >>>

企業価値評価(バリュエーション)


企業価値評価(バリュエーション)とは、非上場会社株式の価格を算定することを言います。
企業価値評価が必要となるケースには以下のようなケースがあります。

  • M&A等における株式買取
  • ベンチャーキャピタルからの資金調達
  • 裁判目的における鑑定業務
  • 事業承継(税務上の株価算定)
企業価値評価における評価方法には種々の方法があるため、
ケースに応じた適切な評価方法を選択し、大手監査法人で実績を積んだ公認会計士が
高品質でリーズナブルな価格でサービスを提供します。


企業価値評価(バリュエーション)のお問い合わせはこちら >>>